• トップ
  • ランキング
  • 毎日運勢
  • 占い
  • 恋愛/結婚
  • 夫婦/家族
  • ココロ/カラダ
  • ライフスタイル
  • グルメ
  • 美容/ファッション
  • 提供者
charmmy TOPライフスタイル恋心が急加速!LINEに届いた胸キュンワード10選

恋心が急加速!LINEに届いた胸キュンワード10選

更新 : 2019.11.18 19:00 / 作成 : 2019.11.18 19:00
73
友達以上・恋人未満の関係や「もしかしたら好きかも…?」といった迷える恋の背中を押すのは、真冬のココアのようにやさしい甘さと熱い想いを含んだ言葉の数々。LINEでのやりとりを機に実際に恋心を動かした、ホットな胸キュンワードをサンプリング! 気になる相手との仲を進展させたいときの参考にしてみてください。
胸キュンワード1〔ど直球系〕

ストレートな言葉と紳士な対応の
メリハリで恋が本気モードに

気になっている彼がマメに誘ってくれるのに、残業続きで断ってばかり。このままじゃ他の人に目移りされて自然消滅しそう…としょんぼりしていたら、

「顔を見るだけでもいいから会いたい」

とストレートなメッセージが。しかも私の職場のそばまで来てくれて、その後家まで送ってくれて…。「今日はありがとう。じゃあおやすみ」と、残業で疲れている私を気遣いサッと身を引く心遣いにも彼の本気度がヒシヒシ。私も本気モードに突入です♡
(24歳/女性/アパレル系)

[胸キュンPoint]
ちょっと強引、でも実は紳士な王道少女マンガあるあるの胸キュンワード。会いたくて会いたくて震えたんだろうなと思うと、余計萌えます。

胸キュンワード2〔包容力系〕

なんでもこい!的な包容力ワードで
曖昧だった想いが確信に♡

新しい職場になじめず毎日モヤモヤ。前の職場のお兄ちゃん的な先輩に「ちょっとしたことを話す相手がいなくてしんどい…」とボヤいたら、

「そんなの俺に言えばいいじゃん」

と即レスがきて。前から「もしかして私に気があるのかな?」と思っていたけど、もしかするのかも…!? これからは彼のことをオトコとして意識しそうです(笑)。
(28歳/女性/接客業)

[胸キュンPoint]
こちらも少女漫画の王道、俺に頼れよ系の胸キュンワード。これを言われたら、ラグビーのリーチマイ●ルばりに全力で胸に飛び込みますね。

胸キュンワード3〔釣り師系〕

好みど真ん中の情報に釣られて
気づけば彼に恋してた♡

私の好きな動物の画像や趣味にまつわる情報をこまめに送ってくれる彼は、最近ちょっと気になる存在。お礼ついでに「私の好みをよく覚えてるね」と返信したら

「好きな人のことだからね」

とサラリ。えっ、それって告白ですか!? うまく釣られてるなぁと思うけど、もっと好きになっちゃいそう。
(25歳/女性/看護師)

[胸キュンPoint]
何気な会話に“好き”をぶっ込み釣り上げる、一本釣り的胸キュンワード。マグロの一本釣り並みに綺麗に釣られても、マグロ女子にはならないようにお気をつけあそばせ♡

胸キュンワード4〔すり寄り系〕

ドキッとさせられキュンときて
放っておけない存在に

気になる年下の男の子から、引っ越しを考えているから相談に乗ってほしいとLINEがきたので、利用している沿線は良心的な家賃で住みやすいよ、とアドバイス。すると

「〇〇さんが住んでいるなら
 同じ駅に住もうかな…」

とドキッとする返信とともに、照れてるスタンプが。仔猫みたいなすり寄り系の愛情表現に、思わずキュン♡ 「週末空いてたら物件一緒に見てもらえませんか?」というお願いにも二つ返事でOKしちゃいました。
(31歳/女性/営業)

[胸キュンPoint]
はい!大好き仔猫系すり寄りの胸キュンワード。年下男子に上目遣いでおねだりされたら悶絶もんです。ちなみに私は上目遣いをすると、白目の分量が多くなり逆貞子目になります。

胸キュンワード5〔ちょいスネ系〕

特別感を意識させる
がっかりLINEに萌えキュン

彼は大学の時のサークル仲間のひとりで、いわゆるただの飲み友達。だけどグループLINEに「今回は用事があるから不参加で」と投稿したら、私個人のアカウントに

「〇〇がいないとつまらない」

とメッセージが。どこまで本気かわからないけど、ちょっぴりスネた感じに萌えちゃって(笑)。それ以来、彼のことを気になる男子として意識しちゃってます。
(23歳/女性/マスコミ系)

[胸キュンPoint]
グループLINEから個人LINEにメッセージがくるだけでもドキドキなのに、ちょいスネを盛り込んだ胸キュンワード。この後彼は、空き缶をカンカラコーンと蹴って「ちぇっ」と言ったとか言わなかったとか。

胸キュンワード6〔ねぎらい系〕

大事な日を覚えていてくれた
彼女の言葉に愛しさが止まらない

今年イチ、プレッシャーがかかる大きなプレゼンのあとに携帯を見たら、

「お疲れ様!うまくやれた?」

と気になるコからねぎらいのメッセージが! 言葉ももちろん嬉しかったけど、飲みの席でチラッとボヤいたことを覚えていてくれていたことに感激して。顔が見たくなって「一緒に祝杯あげない?」と、LINEしちゃいましたね(笑)。
(28歳/男性/コンサルティング業)

[胸キュンPoint]
気持ちがフッと緩む、男性が大好きねぎらい系の胸キュンワード。野球の試合が終わって1人部室に残る双子の兄貴に、隣に住む幼馴染の女の子が言ってるみたいな甘酸っぱワードは、令和の時代も健在です。

胸キュンワード7〔サブリミナル系〕

狙ってる?それとも天然?
「好き」の暗示にかかりそう

最近出会ったばかりの彼は、LINEの文脈で「好き」という言葉をやたらと連発。「それ好き」とか「俺も好き」みたいな。特にドキッとするのは

「そういうところ、好きだな」

という言葉。“好き”の刷り込み効果で、気づいたら彼のことをだんだん意識するようになっちゃって…。その気になってもいいですか?(笑)
(26歳/女性/美容業)

[胸キュンPoint]
「好き」というワードを巧みに使い刷り込む、サブリミナル系の胸キュンワード。ちなみに、すきすきすきすきすきっすき~と全力で好きを押しつける一休●んの歌は、自虐と肯定が入り混じった日本人の奥ゆかしさ満載。

胸キュンワード8〔寄り添い系〕

弱った心を支える言葉に
思わず恋が芽生えそう

ブラックな上司とのやりとりでいざこざが発生してゲンナリ。職場で暗い顔をしているのも嫌だから終業後すぐに帰宅したら、普段はからかってくる同期の男子から「大丈夫?」とLINEが。ネガティブな雰囲気にならないように「全然大丈夫だよ」と返したら

「俺の前では無理しなくていいよ」

というメッセージ! 張り詰めていた気持ちがふっとゆるんで思わず泣きそうになっちゃった。てか、好きになっちゃうじゃないか(笑)。
(28歳/女性/営業職)

[胸キュンPoint]
これも女子が大好き、俺系の胸キュンワード。俺というクールな言葉を使いながら、不安な気持ちを優しく包み込む高度な技。このワード、俺ではなく「おいら」を使ったら、床をゴロゴロするレベルで萌えますね(私は)。

胸キュンワード9〔匂わせ系〕

不意打ち×匂わせのセリフで
恋心が一気に加速

冗談を言い合うちょっとイイ感じの女友達と、いつものようにくだらないLINE合戦がはじまって。面白いやつだなーと思って返信しようとしてたら、唐突に

「△△が彼氏だったら絶対楽しそう」

と返信が。ドキッとしつつも冗談で「じゃあ付き合ってみる?ww」と返すと、「本気だったら…」と真面目なトーンで戻ってきて。その後すぐに「なんてね、おやすみ!」と締めLINE。ええええ!?と1に人ドキドキして、その日はまったく眠れず(笑)。お互い意識していたんだと自覚して、その後すぐに自分から告白して付き合うことになりました。
(自営業/男性/30歳)

[胸キュンPoint]
好きな気持ちを匂わせつつも最後まで答えを言わない、あざと系の極み的な胸キュンワード。こんなLINEがきたら、その夜は悶々として眠れませんね。そんなときは、ZA●Dの『眠れない夜を抱いて』を聴くことをお勧めします。

胸キュンワード10〔逆転系〕

ヤキモチLINEから飛び出た
一発逆転の惚れ言葉にズッキュン

ちょっと気になる彼が合コンに行くと聞いてなんとなくヤキモキ。腹いせに私も合コンしちゃおうかな~とふてくされていたら、盛り上がっているはずの彼からLINE。内容は「慣れないことはするもんじゃないね…」そして

「〇〇といるのが一番落ち着く」

予想もしなかった言葉にドキッとして、じんわり温かい気持ちに。気づくのが遅い!と思いつつも、彼のことが好きなんだという自分の気持ちに改めて気づきました。
(27歳/女性/サービス業)

[胸キュンPoint]
一度落として一気に上げる逆転系の胸キュンワード。落とされた分、その幸せは計り知れません。落とし穴に落とされて、自力で這い上がろうとしたら手が差しのべられて、よく見たら横浜●星だったくらい幸せです。


LINEに届いた胸キュンワードは、女心も男心もがっつり掴む高度なものばかり。

恋人未満の関係を前進させたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ちなみに…、胸キュンという言葉に違和感がある平成生まれのかわい子ちゃんは、昭和の名曲YM●の『君に胸キュン』をぜひとも聴いていただきたい。

絶賛、恋がしたくなりますよ♡
水嶋レモン
人間観察ライター
栃木県宇都宮市出身。タウン紙の記者や、某販促メディアの広告提案営業、雑誌の編集者として働いたのち、フリーランスのエディター兼ライターに。近年はインタビュー記事の執筆をメインに活動中。好きな人間観察スポットは、電車の中、チェーン系の喫茶店、新宿ゴールデン街など。