• トップ
  • ランキング
  • 毎日運勢
  • 占い
  • 恋愛/結婚
  • 夫婦/家族
  • ココロ/カラダ
  • ライフスタイル
  • グルメ
  • 美容/ファッション
  • 提供者
charmmy TOP恋愛/結婚リアル結婚できない男!年収1000万円稼ぐ男の『トリセツ』

リアル結婚できない男!年収1000万円稼ぐ男の『トリセツ』

年収500~600万円稼ぐ男性の赤裸々なトリセツに愕然としてから早2ヶ月。お待ちかねの第2弾は、女性の結婚願望が一気に高まる年収1000万以上稼ぐ30~40代独身男性のトリセツ。この金額を稼ぐということは、世間の荒波をえんやこらと乗り越える術を身につけた兵であり曲者であることを理解して挑みましょう!

年収1000万円以上の男の実態

年収1000万円以上ともなると、生活水準が各段にアップ。人に見られることを意識した生態系は、もはや苦行です。今回も、編集部が男性の意見をコツコツ集めてまとめたものなので一概には言えませんが、「なんか分かるかも」と共感するはず。

生息地
都心であれば港区or周辺地域のタワマン。でも、階数は真ん中よりも下。地方なら、高級住宅街のやっぱりタワマン。上昇志向ゆえ、お空に近い場所を好む傾向アリ

見た目
無駄に肌がきれいな美容意識高めの色白タイプと、ゴリマッチョな男性ホルモン垂れ流し色黒タイプの二極化。色白タイプはくるぶしが見えるクロップド丈を愛し、手入れのされたオールデンの革靴を履きこなす。色黒タイプはぴっちりTシャツでご自慢の筋肉をアピール。レイバンのサングラスをかけてクラッチバッグを小脇に抱え闊歩

間取り
広めの1LDKの賃貸で、家賃は25万円前後。自分は賃貸に住んでいるが、投資目的のマンション1~2室を購入し、老後は賃貸収入で潤うことが確定。結婚後は海が見えるところで悠々自適に住みたいと考えている

インテリア
床に極力物を置かないすっきりとした見た目。大型テレビは壁掛けタイプで、昼間のいない時間にルンバが部屋を走り回る。料理が好きなので冷蔵庫は大きめをチョイスし、キッチンには無駄に調味料が並ぶ。革製のお高めソファにシミがつくのを恐れ、女性といい雰囲気になってもソファでは最後までしない(もしくはタオルを敷きがち)

趣味
食通で、料理に懲りがち。スパイスに並々ならぬこだわりがあり、市販のものからオシャレな瓶に詰め替える。家に人を招いたときは、エプロンをつけて本格的に料理でおもてなし。映画にも詳しく、女性を口説くための小道具としてプロジェクターを活用し、ムーディーな部屋でオシャレ映画を楽しむ(ワインは必須)

好きな女性のタイプ
派手な女性が好きで、中でも読者モデルがお好み。誰の前に連れて行っても「可愛い」と言われるレベルの子を連れている“俺”がアピールできればいいと思っている節あり

彼女遍歴
2~3年周期で彼女と別れる。付き合った彼女は一貫してロングの細めで、でかいサングラスを恥ずかしげもなくかけるタイプ多し

年収1000万円以上の男のトリセツ

学歴や職歴と同じくらい自己主張の市民権を得た『トリセツ』。出したほうは気が楽になるかもしれませんが、出されたほうはたまったもんじゃありません。

さらに言えば、年収1000万円以上を稼ぐ男性は、『トリセツ』を「ちょっとこれ読んどいて」的な軽い感覚で渡してきます。己の主張を、悪びれることもなく……。心にもお金にも余裕のある、選ぶ側の特権とでもいうかの如くです。

まったくもって恐ろしや。でも、このトリセツを読んで気づくはず。一見、俺様、でも心はチワワな虚勢ハリハリ男子の、ガラスのプライドと死ぬ物狂いの承認欲求を。さあ、聖母のような気持ちでご覧ください。※今回も編集部の独自の聞き込み調査のため、偏った意見が多数見受けられますが、あしからず。

トリセツ1
野郎と行く週2焼肉は、アイデンティティを構築するうえで大切なものなので、許していただきたい。結婚したら、週1には減ると思います(たぶん)。それと、朝のプロテインもルーティンなので、パンに彩りサラダ、フルーツ&ヨーグルトのフルコンボで出されても、ほぼほぼ手を付けないと思うのでよろしく。

トリセツ2
一緒に買い物に行っておねだりするのは全然かまいません。むしろ、素直で可愛いとすら思います(高いものばかりねだる女はどうかと思うけど……)。それよりも、気を遣って「何でもいいよ」「お任せするね」って言うのは、顔色伺っているとしか思えません。自分の意見を言えない子と、一緒にいて楽しいわけないよね?

トリセツ3
出会ってすぐに胸元がっつり開いたVネックで、乳をグイグイ押しつけて迫られたら正直ヤリますよ。でも、一夜限り(いや、むしろセフレ)で、彼女にはしたくないです。自分の彼女にしたい子は、胸元がっつりでも適度な距離を持てる子で、貞操観念がしっかりしていて欲しいんです。本気と遊び、しっかり分けるタイプなんで。

トリセツ4
自己投資のお金にケチをつけないでください。女性だって自分のために、美容や服にお金をかけるよね? 自分への投資としてセミナーに参加するは、むしろ同じことだと思ってほしいんです。後々ビッグになるための先行投資だから、捨て金じゃないんですよ。それを分かって送り出してくれる人と、一緒にいたいと思うのです。

トリセツ5
マンガやDVDを見て、元に戻さない人は彼女候補から外します。巻数がバラバラでも気にしない、DVDの中身が違っていても気にしない。注意したら「なんか細かくない?」とか抜かしますよね。そのくせ、自分の下着の上下がバラバラだと「上下揃ってないから……」ってHを嫌がる。矛盾すぎませんか? 自分の息子も気持ちもしぼみます。

トリセツ6
LINEの返信が早すぎるのも怖いですが、遅すぎるのもどうなんですかね。1日既読にならないって、携帯依存の子がありえませんよね? 見ないようにしているのバレバレです。そういった子は、自分中心で恋愛をかき回すので(経験済み)、その時点で気持ちが冷めます。忙しくても、一旦返事を出して後でフォローしてくれる子は、結婚を視野に入れて付き合います。

トリセツ7
自分のために、常にオシャレをしてくれるのは可愛いなと思います。だから、多少時間に遅れても大目に見ます。でも、それを理由に1時間以上遅れるのは、そもそもの時間の計算ができていないからであって、オシャレがどうとかじゃないです。時間にルーズな女性は、お金もアソコも緩いのかなと勘ぐってしまいます。はい、抱く気が失せます。

トリセツ8
買い物の際の「どっちがいい?」にうんざりします。決まっているのに聞いてくる、無意味なやりとりが不毛でなりません。それに「女子は聞いてほしいだけなの」と押し付ける、どうでもいい主張にもイラ立ちます。小さい男だと思ってくれても構いません。無駄が嫌いなだけなんです。次からは「こっちがいいと思うんだけど、どうかな?」でお願いしますね。

トリセツ9
男は過去の栄光や自慢話をしたがる生き物だと、理解して接してほしいのです。お酒が入ったら、当たり前のごとく自慢スイッチが入ります。そのときは、たとえ興味のない話でも、「へー」とか「そうなんだ」と言いながら、聞いてください。7割……いや8割好きになる自信があります。話を聞かない子には、もう二度と会うことはないでしょうね(笑)。

トリセツ10
たとえ彼女であっても、勝手にPCを触るのはやめてくださいね。むやみに閲覧履歴を開くのもおすすめできません。全裸の女性のオンパレードなんて見たくないですよね? もし、思いがけない性的趣向の作品に出合ったとしても、驚かないでください。願望であって、強制ではないのです。でも、もし受け入れてくれるなら、ぜひ一戦お願いします。


チヤホヤされることも多くなる、収入1000万円以上の男性。強気発言が多いのがイラっときますが、結婚観は意外とまともでした。

面白いのが、過去の経験から学んだ失敗を教訓として、トリセツとして提示している点。転んでもただでは起きず、むしろ自分の糧にするあたりは、やり手ですよね。ま、そんな面倒くさいところがあるから、その歳まで結婚できていないんでしょうけど。

ちなみに、男性のPCには1軍、2軍、3軍というエロ動画の順位付けがされてるのだとか。それを野郎同士で情報交換して、トレードするという遊びをしているそうです。あほですよね(笑)。


では、次回は年収500万円以下の男のトリセツでお会いしましょう!
charmmy編集部
女子向けトレンドメディア
恋に仕事、プライベートも忙しい女子たちに向けて、ファッション・美容、グルメなどの最新トレンドや恋に効く幸せのヒントを毎日更新します。