• トップ
  • ランキング
  • 毎日運勢
  • 占い
  • 恋愛/結婚
  • 夫婦/家族
  • ココロ/カラダ
  • ライフスタイル
  • グルメ
  • 美容/ファッション
  • 提供者
charmmy TOPライフスタイル何様ですか?仕事で落ち込んでいるときに言われてムカついた言葉10選

何様ですか?仕事で落ち込んでいるときに言われてムカついた言葉10選

更新 : 2019.08.03 08:00 / 作成 : 2019.08.03 08:00
9
仕事で落ち込んでいるのに、追い討ちをかけるように心をえぐる言葉を吐き出す人たち…。自分のミスではあるけれど、そこまで言わなくてもいいんじゃない? そこで今回は、実際に言われてムカついた言葉10選を体験談とともにお届けします。会いたくて震えることはないけれど、言われたら怒りで震えること間違いなし。
ムカつきワード1〔追い込み系〕

自分の職務放棄を棚に上げ
人の失敗を責め立てる上司にイラッ

天候不良で担当していたイベントが急遽中止に。スポンサーや協力者の方々にどう謝るか考えていたら、一度も現場に顔を出さなかった無責任上司が鬼の形相で

「どうしてくれるの?
   できるって言ったよね?
   どう責任とるの?」

とコンボで罵声。あのさ、あれこれ動いたのは自分だけど本当の責任者はあなたですよね(もはやスポンサーの間でも存在空気だけどな!!)。
(30歳/男性/イベント企画)

[ムカつきPoint]
出ました! ダメ上司が言いがちな、まくしたて&追い込み系のムカつきワード。責任って言葉をお前が使うなよって話です。この上司にも言ってやりたい「逃げちゃダメだbyシ○ジ(言われて嬉しかったに引き続き2回目)」と。

ムカつきワード2〔押しつけ系〕

自分しか見えない先輩が力説する
的外れのアドバイスに失笑

思いつく限りの企画を持参したのに、クライアントから「もっといいアイデアはないの?」と言われて意気消沈。職場の仲間に相談を持ち掛けていると、自称・デキる女の先輩がしゃしゃり出てきて頼んでもいないのに持論を展開。

「私が考えた案だったら
 すんなり通ると思うよ!」

超得意げに語ってますが、その方法とっくに却下されてるんですよね。聞いても時間のムダだし、事情すら確認せずに上から発言するのやめてもらえませんか?
(28歳/男性/営業)

[ムカつきPoint]
自分がデキると思っている人が言いがちな「私が~」発言は、間違いなくムカつきワード。あなたの意見とかどうでもいいですから…。ちなみに、自称・デキる男は「俺に何でも聞いて」って言いがち。聞いても応えられないのにね。

ムカつきワード3〔コキ下ろし系〕

努力を無に帰す冷たい言葉で
モチベーションが完全消滅

販売ノルマを達成するため手を尽くしたものの、あと一歩で目標に届かず…。悔しい。そして申し訳ない。次こそは頑張って目標を達成させよう…そんな思いで店長に結果を報告したら、

「やっぱりね。まぁ、最初から
   期待してなかったからいいけど」

と言われて愕然。私が頑張った意味って何? 必死だった自分がバカバカしくなって、やる気もトーンダウン。結果が出していないからぐうの音も出ないけど、最初とは違う意味でものすごく悔しい!!
(25歳/女性/販売)

[ムカつきPoint]
人の頑張りを真っ向から否定する、最低のムカつきワード。人を大事に育てることができない大人は、どうせ出世も期待できないので、言われても気にしない気にしない。

ムカつきワード4〔他人と比べる系〕

他人の仕事を引き合いにダメ出し
理不尽さにモヤモヤが止まらない!!

「あなたに任せるから好きにやって」と振られた案件なのに、何を提案してもダメ出しの嵐。うまく期待に応えられずで申し訳ないなぁと思っていたら、舌打ちしながら

「あの人ならもっとうまくやるのに」

と言われてびっくり。「好きにやれって言ったよね?」「せめて事前に説明してくれませんか?」と思いながらも言い返せない自分にもモヤモヤ。というか、具体的なビジョンがあるなら最初からその人に頼めばいいのに…。
(31歳/女性/企画営業)

[ムカつきPoint]
人と比べて吐き捨てる、切り札的ムカつきワード。これを言われたときは、こちらも伝統ワードの「よそはよそ、うちはうち」を言ってやりましょう。

ムカつきワード5〔キャパオーバー系〕

過重労働を加速させるブラック発言で
始まる退職へのカウントダウン

先輩の仕事のフォローで連日の残業&休日出勤。そんなときに痛恨のスケジューリングミス…。どう頑張っても納期に間に合わないという絶望的な状況に追い込まれ、上司や先輩に助けを求めたら

「大丈夫! 
 死ぬ気でやればできるから」

と笑いながらみんな揃って定時で退勤。え…、私死にたくないんですけど。私も帰っていいですか? というかもう辞めていいですか?
(25歳/女性/出版)

[ムカつきPoint]
ギリギリの精神状態のときに、追い討ちをかけるムカつきワード。いっぱいいっぱいのときにこの言葉を吐かれると、死神から受け取ったとあるノートに上司と先輩の名前を書きなぐりたくなります。

ムカつきワード6〔傷口に塩系〕

「君のため」という善意の言葉に
撃たれまくって心が満身創痍…

成績が伸びないことがしんどくて、優秀な同期に相談。終業後に時間をもらって意見やアドバイスを求めたら

「この仕事向いてないんじゃない?」

とバッサリ。さらに傷口に塩を塗り込むかの如く、ダメな部分を散々指摘されまくる事態に。相談したのは自分だし「確かに!」と思うことばかりだけど、ズバズバ言われすぎるのもいかがなものか…。ひとことくらいは前向きなアドバイスも欲しかった。
(27歳/男性/営業)

[ムカつきPoint]
やる気をポッキリへし折る、殺傷能力高めのムカつきワード。仕事の向き不向きを聞いているんじゃないんだよ。「お前、アドバイス向いてないんじゃない?」

ムカつきワード7〔馬鹿にする系〕

ギャグとディスりは紙一重
空気を読まないイジりに爆発寸前

細心の注意を払っても、ミスをやらかす自分にため息。そのモヤモヤを増長させるのが、先輩の

「君、〇年目だよね?」

発言。本人曰く「ただのツッコミ」らしいのですが、ニヤニヤしながら何回も言われると馬鹿にされてるような気がして、イラッ。とはいえ僕がミスをなくせばいいだけの話だし、ムキになるのも大人げないから何も反論できないんですけどね。
(29歳/男性/一般事務)

[ムカつきPoint]
仕事年数を引き合いにしてイラッとさせる、ムカつきワード。たかだか2~3年しか違わない人に言われても、正直説得力がありません。○年目を使っていいのは、3年目の浮気だけ(昭和生まれしかわからない。笑)。

ムカつきワード8〔会話泥棒系〕

会話の主導権をしれっと奪う
キラーワードでストレス倍増

最近になって気づいたのですが、幼馴染みのA子は会話泥棒だったのです。仕事で辛いことがあった時に「話を聞いてほしい」と打ち明けても、「そんなの大したことないじゃん」と適当にあしらわれ

「私のほうがもっと大変だよ」

と会話の主導権を奪われる。そこからは大概エンドレスでA子の大変&自慢話。私の話なんて1ミリも聞いてもらえません。ここぞって話をする時は、ちゃんと話を聞いてくれる相手を選ばなきゃダメだなと気づきました。
(33歳/女性/保育士)

[ムカつきPoint]
自分の話だけでお腹を満たしたい、自己中女が言いがちなムカつきワード。いつだって自分が会話の主導権を握りたいこの手の女には、笑っていいともでおなじみの「そ~ですね」のエンドレス相づちで対抗を。すぐに連絡こなくなりますよ。笑

ムカつきワード9〔やる気をなくす系〕

私の努力はムダなのか?
無神経な上司の言葉に思わず涙

デキる先輩や同期と比べて落ち込む毎日。少しでも遅れを取り返して挽回したい。営業成績を上げてみんなに追いつきたいと残業に励んでいたら、ふと通りがかった上司に

「まだやってるの? 
   ムダに残っていないで
   さっさと帰れ!」

と一喝されて唖然。時短勤務を推奨している気持ちもわかるけど、そんな言い方しなくたって…。ショックと悔しさで思わず涙がこぼれました。
(27歳/女性/営業事務)

[ムカつきPoint]
自分の頑張りをムダの一言で台無しにするムカつきワード。この言葉を使って許されるのはジョ○ョだけです。その上司こそ「無駄、無駄、無駄、無駄、無駄、無駄~」。 

ムカつきワード10〔うっかり失言系〕

慰めの言葉にまぎれた毒が
ネガティブな感情となって心を侵食

ショーに出す作品を決める店内コンペに惜しくも敗北。「一生懸命やったのになぁ」と落ち込んでいたら、同期が

「あんたにしては
 よくやったほうなんじゃない?」

と笑顔で肩ポン。えーと…、なぜに上から目線? 彼女に悪意がないとは思うけど、ネガティブな状況だからかなんだかモヤモヤ。フォローしたいの?ディスりたいの?どっちか聞いてもいいですか?
(25歳/女性/美容師)

[ムカつきPoint]
同い年や同期、年下に言われて最強にイラつくこの言葉。何様だよと言いたくなるムカつきワードです。もし私がこれを言われたら「お前にしてはよくわかってるな」って言ってやりますけどね。

言った本人はまったく悪いと思っていないから、余計に腹が立つんですよね。だからこそ、天然を装って言ってやりたい「え~何様ですか~」と。

会社を辞める覚悟ができたら、次こそは言ってやりましょう。そして、この人たちを反面教師として、ムカつく言葉を吐かないように心がけましょうね。



合わせて読みたい
水嶋レモン
人間観察ライター
栃木県宇都宮市出身。タウン紙の記者や、某販促メディアの広告提案営業、雑誌の編集者として働いたのち、フリーランスのエディター兼ライターに。近年はインタビュー記事の執筆をメインに活動中。好きな人間観察スポットは、電車の中、チェーン系の喫茶店、新宿ゴールデン街など。